検索

夢寐

自分の個展をイメージし始めてから2年くらいは経ったでしょうか

先日、無事に初の個展が終了しました

今回の個展の「夢寐(むび)」というタイトル、きっとほとんどの人がこの言葉を初めて目にし、なんぞやと思ったことでしょう

夢寐…眠っている間に夢を見ること

なつかしい人や見たことのある景色、全然知らない場所に知らない誰かといる

何かに追われたり、崖から落ちそうになったり

人はいろんな夢を見ます

それを起きたときに覚えていなかったとしても

普段は気に留めもしない当たり前に通りすぎてしまうことでも、なにかのきっかけで感謝したり、感動したり、ショックを受けたり

それと同じように夢に出てきたことで思い出したり、何かメッセージなんじゃないかって改めて考えるきっかけになることもあるんじゃないでしょうか

そんな忘れがちな、でもどこか大切な、日常の一部を切り取ったような空間を個展でつくりたい

その思いがやっと形になった初個展

3月から4月という多くの人が新しい環境に切り替わるタイミングだからこそ、来てくれた人が自分自身や出来事と向き合うきっかけになったらいいなとこの期間に開催しました

想像を遥かに超える人達が足を運んでくれて、新たな出会いもありました

そして何より驚いたのは5点の作品が私のもとから旅立って行ったこと

今まで、ギャラリー展示=販売

という考え方をしてこなかった私は、今回の個展でも絵の販売をするつもりはなくて、そう言ったお声があれば考えようなんて微かに思っているくらいでした

ギャラリーで作品と向き合って、その人との間に何かが生まれてくれたら、それで嬉しくて

自分の絵に値段を付けるなんて難しかったし売り物にしてしまうとただ ❛物❜ として扱われるんじゃないかって それが嫌だった

でもいざ個展がスタートすると、「この絵が欲しい」と言ってくださる方が現れ、その言葉が素直に嬉しかった

観てくれる人がいて、作品から何かを受け取ってくれる人がいて、『夢寐』というこの空間はここで完結する

そう思えたからこそ、他に受けとめてくれる場所があるのなら、お迎えいただこうと決めました

今まで展示した絵は家に帰ってくるのが当たり前だったから、突然のお別れと思うと少し寂しいというか

不思議な感じがしたけれど、自分のもとに絵を置いておく理由がもうなかった

色々企んで、あれやりたいこれやりたいって、絶対いい個展にすると張り切る裏側には、それなりに不安もつきまとって、やってもやっても進んでる感じがしない恐怖に襲われもしたけれど

そんな時間も、ギャラリーに来てくれたあなたのおかげで少し報われたような気がしました

人の温かさを感じながら、あっという間に過ぎていった6日間

個展のタイトルのようにとても居心地のいい夢の中のようでした

これまでの展示を観てくださった方も、今回初めて知ってくれた方も、私の活動はこれがゴールではなくてスタートです

おもしろいことやっていきますので、ぜひ見守っていただけたらと思います

いや、 見ていてください

個展に足を運んでくれた皆さま 本当にありがとうございました!

これからの華涙をどうぞよろしくお願い致します(*'ω'*)

blogは気が向いたときに投稿していくので、暇つぶしに覗いてもらえればと思います。*

122回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝型

最近目覚ましがなくても自然に目が覚める しかも朝日が顔を出すのと同じくらいに もうちょっと寝かせてくれよと思うけど そこから二度寝したらズルズルダラダラするのをよく分かっているからスパッと起きる ゆとりのある朝はいいもんだ 学生の時は朝なんて来るな!って 何度も思ったし(今でも状況によりそれはあるけど、) 学校から帰って来て、深夜というか空が明るくなる手前くらいまで制作している時間が好きだった 今

のびた

さぼりぎみだったまつ毛の育毛をはじめた と言ってもお風呂上がりにまつ毛美容液を塗り塗りするだけなんだけど 3週間くらい前と比べると ふさっとしてきた 最近はメイクもほとんどしないから、 まつ毛に負担がかからないというのもあるかもしれないけど、 少しずつ育ってきた気がする 継続は力なり ということで、引き続き育てます

夏?

もう夏みたいに暑くて 日差し強いから少しの外出でもサングラス必須なんだけど、 マスクとダブル付けになるよね、、 正直もうマスク暑いしっ! はやく収まってくれー!!

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン